太平洋プレコン工業株式会社

PROJECT(都市計画)

私たちは単に景観材料を製造しているのではありません。そこに暮らす人々の顔を思い浮かべ、その土地の歴史や文化に敬意を払い、明るい未来を想像しながら、街づくりのサポートしています。これまで携わってきたさまざまなプロジェクトは、そんな私たちの“思い”がカタチになっています。

File.08

習志野市 奏の杜(かなでのもり)

千葉県のJR津田沼駅南口から歩いて3分の好立地にある、広さ35ヘクタールの街「奏の杜(かなでのもり)」。2007年、かつては畑が広がり“首都圏最後の未開発地”とも呼ばれたこの土地でプロジェクトがスタートすると、商業施設やサービス施設、住宅などが集まる複合施設として整備され、人々でにぎわう振興ベッドタウンとなりました。

  • 千葉
  • 遊歩道
  • 歩道
  • 集合住宅敷地
  • オーシャンペブルスルー
  • タマパーム
  • グランパム
  • オーシャンスリット
  • コレクション
  • 擬石縁石
  • 白線ブロック
  • 視覚障害者誘導用ブロック
  • スーパーバリアフリーシステム
詳細を見る
File.07

東京ガーデンテラス紀尾井町

江戸時代「紀伊徳川家」「尾張徳川家」「彦根井伊家」が屋敷を構えたことが地名の由来となっている歴史ある街、東京・紀尾井町。国際的都市の中心という一面も持つこの街に立ち上がったのが、グランドプリンスホテル赤坂跡地の再開発プロジェクトでした。
野生生物が多く確認されている周辺の豊かな自然を活かすことで、歴史と自然、そして文化が調和した空間「東京ガーデンテラス紀尾井町」が誕生しました。

  • 東京
  • 商業施設
  • 遊歩道
  • グランパムストーン
  • アートスルー
詳細を見る
File.06

咲洲コンテナターミナル

大阪府にある「咲洲コンテナターミナル」は、東南アジアや中国、豪州航路等のコンテナ船が利用する、大阪港のコンテナ物流の拠点。おもにトランスファークレーンを使用したテナー方式の荷役を行っており、舗装計画交通量N7に該当する、舗装に非常に負荷のかかるエリアです。
咲洲コンテナターミナルでは、半たわみ性舗装等のアスファルト舗装が施されていました。しかし数年でひび割れやわだち掘れが発生し、頻繁に補修工事を行わなければなりませんでした。

  • 大阪
  • 港湾
  • ハイパーロードシステム
詳細を見る
File.05

等々力緑地公園

神奈川県の多摩川沿いに位置する「等々力緑地」は、陸上競技場や硬式野球場、テニスコートなど、多くの運動施設がある公園緑地。陸上競技場はサッカーJリーグ、川崎フロンターレのホームスタジアムでもあり、試合開催日は多くの人々でにぎわっています。
そんな等々力緑地が「緑と水の再整備」「安全・安心の場の再整備」「緑地内動線の再整備」「緑地へのアクセス改善」の4つの視点で再整備を開始。当社は、等々力緑地正面広場、陸上競技場とその周辺歩道の舗装整備を行いました。

  • 神奈川
  • 公園
  • スポーツ施設
  • 防災施設
  • オーシャンスリット
  • グランパム
  • コレクション
詳細を見る
File.04

東日本大震災から発展の未来へ

宮城県岩沼市下野郷。515世帯1784人が暮らす太平洋沿岸のこの街に、2011年3月11日、東日本大震災の大津波が襲いました。それから1年がたった2012年、岩沼市が“千年先まで子どもたちが笑顔で幸せに暮らせるように”と願いを込めて復興プロジェクトを計画。それが「千年希望の丘」の整備です。

  • 宮城
  • 公園
  • オーシャンペブルスルー
  • ユニバーサルFG
詳細を見る
File.03

渋谷TRUNK(HOTEL)

JR渋谷駅と原宿駅のちょうど中間地点。センスあるショップが建ち並ぶ閑静な地域に建設された「TRUNK(HOTEL)」。レストラン、ショップ、イベント会場も併設されているブティックホテルです。
そんなホテルの顔となるエントランス部分の施工には、着色しないコンクリート本来の自然な色彩と表層に使用した天然石が高級感を演出する「オーシャングランド」が採用されました。上品で落ち着きのある空間を演出しています。

  • 東京
  • 商業施設
  • オーシャングランド
詳細を見る
File.02

漱石山房通り

文豪・夏目漱石が生まれ育ち、その生涯を閉じた街、東京都新宿区。その地に、生誕150周年を記念した博物館「漱石山房記念館」がオープン。記念事業の一環として、舗装の修景も行われることになりました。
新宿区が舗装材の検討を行った結果、インターロッキングブロックの使用が決定されました。メーカー3社によるデザインコンペの結果、地元住民の賛成多数で、当社のデザインパターンが選ばれました。

  • 東京
  • 車道
  • 歩道
  • グランパム
  • シルキーストーン
  • コレクション
詳細を見る
File.01

明治神宮参道 歩道設置計画

明治天皇と昭憲皇太后をお祀りするために創建された「明治神宮」。約73ヘクタールにおよぶ広大な神域は、全国よりの献木された約10万本を植栽した人工林で構成されています。毎年の初詣には300万人が参拝し、年間では1000万人以上が訪れる日本屈指の神社です。
そんな明治神宮では、鎮座百年を記念した事業が実施されることになりました。キャリーケースを引く外国人観光客や、ベビーカー、車イスの利用者も考慮し、砂利敷き参道の両サイドに平板を敷設し、ユニバーサルデザイン対応の歩きやすい参道の設置を計画されました。

  • 東京
  • 遊歩道
  • オーシャンペブルスルー
詳細を見る